妊活の8BALANCE その①内臓機能(子宮と子宮以外の臓器)

〜病院で妊娠を諦めるように言われた方〜
〜病院でこれ以上治療できないと言われた方〜
〜薬だけの不妊治療に疑問をもっている方〜

渋谷区広尾
広尾FIELD鍼灸整骨院

院長の戸塚です!😊

『35歳からの妊活』に必要な8つの要素は以下のとおりです。

    1. 内臓機能(子宮と子宮以外の内臓)
    2. 脳機能(自律神経系、ホルモン系)
    3. 栄養(第1の栄養、第2の栄養)
    4. 姿勢(筋機能※筋力ではない)
    5. ファスティング(デトックス、オイル交換、オートファジー)
    6. 運動(運動の種類と量)
    7. 睡眠(量と質)
    8. メンタリティ(心の在り方)

今回は①の内蔵機能(子宮と子宮以外の内蔵)について。

妊娠するために最重要な内臓といえば、子宮や卵巣というイメージがあると思います。

では、子宮や卵巣が正常に機能するために必要なことは何でしょうか?

それは、子宮や卵巣の循環が良い状態です。(それ以外の内臓も同じです)

循環とは、血行が良い状態、血流が良い状態、と言えばわかりやすいと思います(正確には血行や血流だけではないのですが)。

内臓は筋肉(平滑筋)でできていますので、例えば子宮の血行が良い状態をイメージしてしてください。

子宮は柔らかく、赤ちゃんが育つために必要なベッド(子宮内膜)はふかふかです。
居心地も良さそうですよね。

では、その逆もイメージしてみてください。
子宮の血行は悪く、ベッドは硬い。
居心地悪いどころか、赤ちゃんが育ちにくくなりますよね。

では、子宮の血行はどうして悪くなるのでしょうか?

正座に例えます。
正座をず〜っとすると、血管が圧迫され血行が悪くなるので痛みや痺れが出てきますよね。

そうなんです、子宮の血行が悪くなる原因は「圧迫」なのです!!

では、何が子宮を圧迫するのでしょうか?

子宮の上にある腸です!

腸はなぜ子宮を圧迫するのか?

腸の血行が悪くなり下垂(下に落ちてくる)するからです。

腸はなぜ下垂するのか?

腸も上から圧迫を受けるからです。

胃、肝臓、横隔膜、肺、心臓。

何が言いたいかというと、

子宮や卵巣は大事ですが、子宮や卵巣だけを見ても解決しないということです。

これが人間の体でいう「木を見て森を見ず」です。

森を見ましょう❗️

次回に続きます😊

ご相談、ご予約はお気軽に公式LINEアカウントより↓↓↓
https://line.me/R/ti/p/%40tpp5876a

関連記事

  1. 副腎疲労の方が控えた方が良い食品とは?

  2. 深呼吸してますか?

  3. 副腎疲労から体を守る!

  4. なぜ、「35歳からの妊活」なのか?

  5. お腹の張りの原因は?

  6. その疲れ、副腎が原因かも!

Reserve System -ご予約-

当院では、パソコン・スマートフォンからいつでも、どこでもご予約を承っております。もちろんお電話でもお気軽に!

提携医療機関