症例報告(ひどい肩こり・背中の痛み・手指のしびれ)

【年齢、性別】
60代女性

【悩んでいること】
・ひどい肩凝り、背中の痛み(高校生位から自覚)
・手指の痺れ(1年位前より)
※痺れに対して整形外科にてリリカ錠を処方されたが、改善しない

【その他の疾患】
甲状腺機能低下症

【姿勢チェック】
・座位のミラーチェックでは、中心がとれず左に傾き、顔も左に傾いている。
肩の高さは逆に左が高く右が低い。

・筋力テストでは、手脚ともに力が入らない。

【施術内容】
バイタルリアクトセラピー

【経過】
(初回)
・姿勢→左への傾きが改善し中心がとれた。肩の高さもほぼ揃う。

・筋力テスト→手脚ともにしっかり力が入るようになる。

・施術後体が軽くなった感じがした。

(2回目 1週間後)
・手の痺れが初回施術後2、3日でなくなった。

・肩凝りはまだあるが、施術前に比べると6割程度に改善。

(4回目 1ヵ月後)
・肩凝りはほとんど感じない。
・夜中に必ず脚がつっていたが全くなくなった。
・コンタクトが曇っているように感じていたが、それがなくなり視力が良くなった感じがする。

【同じようなお悩み・症状の方へ】
肩凝りが慢性的にひどい方は、やがて手指が痺れてくることがあります。
整形外科にいくと、ヘルニアや椎間板が狭くなっていることが原因である、と言われることが多い(加齢と言われることも)のですが、必ずしもそうとは言い切れません。
もちろん、ヘルニアや椎間板の減少は問題なのですが、実は症状とは直接的には関係ない場合も多いのです。
大事なのは、ヘルニアや椎間板が狭くなった原因を知ることです。
ヘルニアや椎間板の減少がひどい肩凝りや痺れと直接関係ないのだとすれば何が原因なのでしょうか?
そして、どうアプローチすれば良いのでしょうか

ひどい肩凝りや痺れ等の症状が続く方は是非、広尾FIELD鍼灸整骨院へ!!

関連記事

  1. 症例報告(ギックリ腰)

  2. 症例報告(顔のむくみ、ゆがみ)

  3. 症例報告 (坐骨神経痛)

  4. 症例報告(ひどい肩こり)

Reserve System -ご予約-

当院では、パソコン・スマートフォンからいつでも、どこでもご予約を承っております。もちろんお電話でもお気軽に!

提携医療機関