健康への道

〜気圧変動に負けない体〜

〜病院で妊娠を諦めるように言われた方〜
〜病院でこれ以上治療できないと言われた方〜
〜薬だけの不妊治療に疑問をもっている方〜

渋谷区広尾

広尾FIELD鍼灸整骨院

横田です!

気がつけば10月に入り、肌寒くなってきましたね。

ここ最近では、気候は暑くなったり寒くなったり、台風が来たりで体調を崩す方を多く見ます。

気圧の変動も関与しています。

今回挙げる内容は『ホメオスタシス』についてです!

『ホメオスタシス』とは??

気温や湿度などの外部要因に関係なく、

神経系ー内分泌系ー免疫系、その他多くの

メカニズムが働いて、体の内部環境を一定の状態に保とうとする機能

を言います。

日本語で言うと、生体恒常性維持機能とも言います。

これは人の体に必ずある機能で

例えば、脳やその他の臓器、器官などの働きも全て、ホメオスタシスの一部です。

気温や気圧の変動による、体調不良(頭痛、めまい等)

ホメオスタシスがしっかり機能していないという事になります。

原因として考えられるのが

自律神経系の異常です。

自律神経は内臓の働きなどを調整する神経です。

体を緊張させて働くモードにする『交感神経』と、体をリラックスさせて休息モードにする『副交感神経』、この2つの自律神経が状況や時間に応じてバランスをとり、ホメオスタシスを保っています。

自律神経を乱すのは、過度なストレスです。

適度なストレスはホメオスタシスを鍛え、体にとって良い方向に働きます。

しかし、慢性的かつ過度なストレス

自律神経系に影響し、ホメオスタシスのバランスを崩すのです。

この通り、ホメオスタシスがしっかり

機能していないと気圧などの外部要因で

体調を崩してしまいます。

逆を言えば、ホメオスタシスがしっかり機能していれば、気温・気圧の変動などの外部要因が発生しても、何ともないという事です!

気温や気圧で体調を崩しやすい方は、

自律神経が乱れています。

これを元に、体調を崩さないために予防をしていきましょう!

最後まで読んで頂き、ありがとうございます☺️

ご相談、ご予約はお気軽に公式LINEアカウントより↓↓↓
広尾FIELD公式LINEアカウント

関連記事