ひどい肩こり

〜姿勢と生理痛の繋がり〜

〜病院で妊娠を諦めるように言われた方〜
〜病院でこれ以上治療できないと言われた方〜
〜薬だけの不妊治療に疑問をもっている方〜

渋谷区広尾

広尾FIELD鍼灸整骨院

横田です!

“姿勢が良くなる”

これが本当に大切だなと、治療を通じて

実感をします。

最近見ている患者さんで、たまに生理痛が酷くなる方がいるのですが、

治療を通じて姿勢が良くなってきて、

生理痛が軽減してきましたという声を頂きます。

その理由としては

・姿勢が良くなる事で体の歪みが改善し、内臓の位置も良くなる

・他の内臓による子宮の圧迫が軽減する

など幾つか考えられます。

そもそも生理には痛みがないのが正常です。

痛みが出るのには体の不調や、栄養バランス、内臓の状態など原因が必ずあります。

それらが原因で循環が悪くなり、

体が歪み、内臓の位置も悪くなり、子宮の圧迫に繋がる。

1番大事なのは、子宮が柔らかくふかふかの状態である事だと思います。
それには血液循環や、ふかふかになる為のスペースが必要です。

子宮が固くなりすぎてしまうのが生理痛の原因ではないでしょうか。

生理痛も酷い状態をそのままにしてしまうと、子宮筋腫の原因にもなりますし、

不妊に繋がってしまいます。

コロナ禍の自粛が続き、体を動かす機会も減り、体の不調、姿勢の悪さを訴える患者さんも増えています。

姿勢というものが、身体に様々な影響を与えます。皆さんも気をつけて見てはいかがでしょうか?

姿勢を確認する方法として、壁に沿って後頭部と両方の踵を付けるように立ってみてください。

自然に立てている感覚がなければ

姿勢が悪いと考えていいでしょう。

姿勢がいい人は、違和感なく立てると思います。

是非、試してみてください。

ご相談、ご予約はお気軽に公式LINEアカウントより↓↓↓
広尾FIELD公式LINEアカウント

関連記事